忍者ブログ
< 11月 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 01月 >
Home >  > [PR]Home > 作品紹介 > はやぶさ -Welcome Back Version-

[PR]

2017年12月13日

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

▲page top

はやぶさ -Welcome Back Version-

2010年06月13日

 おはこんばんちは、キセノンPです。

 取り急ぎご報告。「はやぶさ」の帰還に合わせ、新バージョン「はやぶさ -Welcome Back Version-」を公開しました。お楽しみください。
 

PR
▲page top

はやぶさ

2010年06月13日(日) 23:27

はやぶさの輝き(このファイルみえますか?)
http://blog-imgs-30.fc2.com/h/a/r/harunohinogogo1430/2010061323230699a.jpg
http://blog-imgs-30.fc2.com/h/a/r/harunohinogogo1430/agpiZWViZWUyc2VlchULEgxJbWFnZUFuZFRleHQYm_nCAQw.jpg
http://blog-imgs-30.fc2.com/h/a/r/harunohinogogo1430/agpiZWViZWUyc2VlchULEgxJbWFnZUFuZFRleHQYk9XBAQw.jpg

NONAME () 編集

はやぶさ2

2010年06月13日(日) 23:40

またすみませんさっきのやつですが、このバラードは涙ものすぎます。途中の歌詞がとても心を揺さぶります。歌で感動したのは久しぶりでした。キセノンPさん頑張ってください。あとこれがきれいに映ってるはやぶさです。http://www.yomiuri.co.jp/zoom/20100613-OYT9I00808.htm
では

NONAME () 編集

本当の「はやぶさ華人圏合唱」アップされました。

2010年06月13日(日) 23:44

>sm11055818

MIXERと動画編集の日天羊羽さんにありがとうございました。

七年の大冒険、お疲れ様でした、はやぶさくん。
それから、いま、この母親の胸に眠れなさい。
おやすみ、はやぶさくん。
川口先生、国中先生、そしてはやぶさのために戦うのみんなさん、ありがとうございました。

キセノンPさまもありがとうございました。



最初はこの曲から「はやぶさ」の物語が知ってる。

「この曲の物語は本当に燃えるよ!映画みたい!」

台湾の2chみたいのサイド、KOMICAのVOCALOID掲示版はそのコメントが見ていた。

そして、僕ははやぶさの動画が見ていた。

おおおおお!本当に燃えた!いい曲と物語よ!

それから、僕ははやぶさの物語に「飛び込んだ」。



どうもありがとうございました。

WildDagger (URL編集

無題

2010年06月20日(日) 21:58

メタルverの格好良さは鳥肌ものでした。
そして涙腺崩壊しました。

バラードも良いですね!!
ほんとにGJです!

ていうかキセノンP唄上手くてほんとに羨ましいです。

素晴らしい曲をありがとうございます!!!

735 (URL編集

無題

2010年07月14日(水) 00:16

はじめましてAIRと申します。

私はオリジナルの方ではなく最初にバラードアレンジの方を聞かせていただいたのですが・・・・感動で言葉が出ませんでした

私の解釈になってしまうのですが「はやぶさ」を宇宙まで送り届けた「M-Vロケット」を母にたとえ、
遥か彼方に存在する小惑星「ITOKAWA」を父とたとえ、
そして「はやぶさ」は意思を持っているとゆう歌詞に聞こえました

母の決死の思いで宇宙に打ち上げられた「はやぶさ」は彼方でまつ父のところに行くも荷を受け取り
すぐに戻るよう言われたが数々の事故により音信不通になるも再度通信復旧
ボロボロな機体(からだ)を引きずりながら荷を
地球に携えて帰還・・・・

局を聞いていてこのようなストーリーが頭の中
一杯に広がって涙が止まりませんでした

私は空と宇宙が好きです
空や宇宙にかかわる仕事をしたいと思っていましたが
学がないのであきらめかけていました
ですがこの歌と「はやぶさ」のおかげで
意欲が湧いてきました

「はやぶさ」とすべての関係者様
ほんとうにありがとうございます

そして「はやぶさ」、七年もの漆黒の闇の中での旅
心細かったでしょう、おつかれさまです

そして最後にキセノンP様
音楽を聞いて声を押し殺して泣いたのは初めてです
感動する音楽を本当ありがとうございました。


-長文失礼しました-

AIR () 編集

Comment

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

Trackback

URL


▲page top