忍者ブログ
< 11月 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 01月 >
Home >  > [PR]Home > 告知 > 新曲公開:911

[PR]

2017年12月13日

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

▲page top

新曲公開:911

2010年09月11日

 おはこんばんちは、キセノンPです。
 3か月近くぶりでございますが、ついに新曲を公開致しました。タイトルを「911 -Battle to Stop the War-」と申します。

 911というタイトルですが、アメリカの同時多発テロについての歌ではありません。ですが、「911」というタイトルと今日と言う日付を見て、誰もがそれを連想したはずです。それほど、「911=テロ・戦争」というイメージは強固に作り上げられています。
 ところが、我々にはあまりなじみがありませんが、アメリカ等の国々において、「911」は本来別の意味を持っていました。日本を始め東アジア圏で言うところの「119」に当たるもの、つまり消防・救急要請の番号なのです。
 本来命を救うはずの番号が、命を抹消するものへとイメージが変遷しているのだとしたら、なんて皮肉なんだろう。そう思ったのが、この曲を作ったきっかけです。反戦歌として書いたものですが、ただの「戦争反対」という綺麗事だけを言うような反戦歌にはしたくなかったので、「何故人は争い続けるのか」を焦点にしています。私はその理由について、明確な答えを持ち合わせてはいませんが、恐らく「憎悪の連鎖」こそがその元凶だと思っています。これは、国家元首などのレベルの話ではなく、あくまで実際に戦う兵士たちのレベルの話です。愛する家族や恋人、友人(戦友も含む)を失った悲しみと憎しみを、弾丸に乗せているのではないでしょうか。そしてその弾丸によって消えた命は、新しい憎悪の兵士を産み出すのでは…?と考えた結果、こんな内容になっています。
 歌詞は、この曲を書くに当たって書きおろした物語のプロットを元にしています。が、私自身の解釈を押しつけようとは思いませんので、歌詞の内容を吟味した上で、色々妄想してみてください。

 とりあえず、動画を作るのに手間取ってこんな時間になってしまったので、一旦寝ます。起きたらPIAPROなどにもアップロードしようと思います。ではでは。キセノンPでした。
PR
▲page top

無題

2010年09月11日(土) 14:30

おはようございます
新作動画 投稿お疲れ様です

前回は動画へと使用及びカバーの許可 ありがとうございました



サムネイルが衝撃的です…

911にそのような意味があったとは知りませんでした
今ではすっかり あの事件の代名詞になりました 119のような意味だったとは
自分は半年以上前から作っていたとある話を完成させていて テーマは戦争ではありませんが 普通の穏やかな一般人が夜には 憎む人間を殺戮という手を使って消していく という物語でした
その物語もテーマのひとつは負(憎しみ 怒りすべて含む)でした

どこかで断ち切るには
一方が一方の復讐をやめる
諦めなければ負 及び戦乱はいつまでも続く という事でしょうか
和解は難しいと思うので
(戦争被害者の家族から見たら不平等に見えてしまう気がしますが…)
考えさせられます

再び じっくりと視聴したいと思っております
お疲れ様でした

追伸

カバー曲を決定しました
はやぶさ2曲と…Cryに決めました

(今なぜか 優しい瞳の牛の顔が 頭の中を通りすぎていきました)

kei () 編集

無題

2010年09月11日(土) 23:42

新曲投稿お疲れ様です

このようなテーマでくるとは予想外でした
本当にどちらかが憎しみを忘れ去るまで争いは永遠と続いてしまう物ですよね・・・
しかも、それが多人数同士の争いであると、和解するのは大変難しい・・・

じっくり視聴いたします

ritchie-li () 編集

Comment

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

Trackback

URL


▲page top