忍者ブログ
< 11月 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 01月 >
Home >  > [PR]Home > 日記 > そして最後の修羅場へ

[PR]

2017年12月13日

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

▲page top

そして最後の修羅場へ

2010年11月14日

 おはこんばんちは、キセノンPです。
 ボーマス?そんなのがある日だった希ガス。
 M3も出てボーマスも出てだと、結構大変なのです…。

 4週連続新曲発表かと思いきや、昨日はお休みでした。20日もお休みしますが、予定通りなら27日よりまたも3週連続で新作動画を発表致します。
 今度のは3曲とも、去年作った曲です。つまり、新曲ではありません。が、「まるくなる」が5月の時点で出ていたにも関わらず殆どの人にとって新曲同然だったように、この3曲も殆どの人にとって新曲も同然だと思われます。まだキセノンPというP名を頂く前の曲ですし、現在は入手困難な音源なので。
 ぶっちゃけて、この3曲の質は、以降の曲と比較してもかなり高い部類だと思われまして、だからこそ、キセノンPの名前が比較的通るようになってきたこのタイミングで、敢えて皆様に動画という形で発表することで、より広く聴いて頂けるのではないかと判断し、3週連続発表に踏み切ることにしました。いつも通りのキセノンPのスタイルが、去年の段階で既に出来上がっていたことが分かると思います。

 さて、いよいよ年末に向けて修羅場ります。年末にはXMとしては2枚目のCD作品にして初のフルレンスアルバムを発表します。あの曲やこの曲を含む、非常に強力な作品に仕上がると思います。1枚目のCD作品『XM』が、わりと「初めまして」という雰囲気だとしたら、今回のアルバムは「待望の作品」になるはずです。既に『XM』紹介動画ではさりげなくアナウンスしていますが、「はやぶさ」「かくれおに」の両曲を含みます。それに加え、10月23日に発表した「とき」の収録も決定しました。この時点で、乙女キセノン両Pのファンにとっては涎が止まらない作品と言えるのではないでしょうか。
 他にも、スピード感あふれるロックナンバーや、バラードなど、幅広く収録します。激しくも切なく、明るくも哀愁漂う、そんなVOCAROCKやボカロメタルが聴きたい方にお勧めです。12月31日、東京ビッグサイトにて発表予定です。詳細は後日、本家HPにてアナウンスがあると思いますので、それをお待ちください。

 以上、キセノンPでした。
PR
▲page top

無題

2010年11月16日(火) 16:51

こんにちは
はやぶさの収録されているアルバム…欲しいものです…

UTAUROCKは知っていましたが ボーカロイドのロックはあまり聞いた事がないので 興味が沸いてきます
今はあらゆるジャンルの曲を聞きたいので ニコニコ動画で巡ってみたいと思います

追伸

速報ですが(もうご存じかと)
はやぶさのカプセルの微粒子が イトカワ由来のものと確定したようです

Kei(kz) (Keiです) () 編集

Comment

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

Trackback

URL


▲page top