忍者ブログ
< 11月 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 01月 >
Home >  > [PR]Home > 日記 > 不眠症ならぬ、過眠症?

[PR]

2017年12月13日

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

▲page top

不眠症ならぬ、過眠症?

2010年05月20日

 おはこんばんちは、キセノンPです。
 …希ガス。
 ネタが思いつかないことだってある……。

 昨日病院に行って来まして。
 前々から日記にはそれっぽいことを散りばめていたのですが、現在睡眠障害を患っております。軽度か重度かは素人なので判断しかねますが、結構キツイです。
 主な症状ですが、熟睡できないこと、1日に何度も眠くなり、場合によってはそのまま寝てしまうこと、1日の半分以上が睡眠になってしまっていることなどが挙げられます。特に睡魔は、襲ってこない時間の方が短いくらいで、あんまりあれこれ考えることができない状況です。感情のコントロールも平常時よりも難しい有様です。
 仕事も進みませんし、作業もできません。ので、ここ何日かは一切の業務を休止し、元の生活リズムに戻すことや、なるべく熟睡できるように色々対策を講じています。
 ぶっちゃけ、今も眠いです。今日は(前日20時頃から寝て)朝2時に起き、その後朝8時~正午くらいまで寝たのですが、まだまだ全然足りていません(それでもここ何日かでは最もマシな部類です)。基本的には我慢できないくらいの睡魔に襲われた時には抵抗を諦めて寝るようにしていますが、そうするとおかしな時間に寝ていたりするという、極めて迷惑な症状です。どうにかならないんでしょうか。ちなみに、いびきは一切かいていませんし、鼻炎・副鼻腔炎を患っていた時期もありましたが、今は治っています。
 過眠症に苦しむ人は、病気としてあまり認知されていないことや、「寝過ぎ=怠惰」というイメージから、不遇な扱いを受けているようです。私自身もそう思っていたし、不眠状態の経験もあっただけに「眠れないよりはマシ」だと思っていたのですが、こうして自らの身に降りかかってくると、何とキツイことか。睡魔が寝ている時以外は常にラリホーをかけられているのです。何かしたくても何もできません。しかも一人前に腹は減るので、なお性質が悪いです。
 ちなみに、心当たりは結構あります。作品制作では結構無理をすることが多く、職業柄わりと自由な時間が多いため、睡眠のリズムが狂いやすい傾向にはあったんです。が、まさかここまで崩壊するとは夢にも思わず…。あ、いかん。眠い。眠くて死ねる……。
 

zzz


はっ

いかんいかん。


 とりあえず、まだ寝ませんが、今日は次に何時に寝ることやら。本日3回目の眠りも、もうそんなに先のことではなさそうです。

 誰か簡単な治療法を紹介してください。キセノンPでした。


p.s.
 現在、同人サークルAsh Blindが制作した、拙作「はやぶさ」、柊氏作の「スケルツォ」、師匠・乙女P作の「かくれおに」収録のミニアルバムCD『はやぶさ』が発売中です。詳細はAsh Blindのホームページにて。ただし、CDにはエラーが入っていますので、サイトの注意書きをよく読んで、修正データをダウンロードした上でお聴きください。
 なお、こちらに収録されている「はやぶさ」は、動画版ともPIAPRO版とも違い、ミクのヴォーカルにリンがハモリを入れている構成になっています。


PR
▲page top

「何が思ってはいけません」が試してください

2010年05月21日(金) 01:51

「何が思ってはいけません」はいいの方という感じた。

昔の高校生の時、私も同じ睡眠障害を患っております。その原因は大変なテストがいっぱいです。
(台湾の制度の中で、高校三年生は一年二度と全台湾テスト(「學科能力測驗(1月末~2月初)」と「指定科目考試測驗(7月初)」、たぶん日本の「高等学校卒業程度認定試験」と同じです)が試験します。)

もし私は睡眠障害を患っておりますのならば、私が寝る前に、「何が思ってはいけません」。
そして、私を本当に寝てるよ、誰も私が起きなさいよ。

こんなことも試してくださいよろしくお願いします。

WildDagger (URL編集

>WildDagger様

2010年05月30日(日) 19:28

 「何も考えない」、実践してみました。
「何も考えない、何も考えない、何も考えない、I think about nothing、I don't mind、何もk……」
「はっ!?もしかして今、『何も考えない』と一生懸命考えていた!!?意味ないじゃん!!」
というオチになってしまいました(笑)。

 冗談はさておき、症状は軽くなってはいるのですが、相変わらずなかなか健康な状態には戻ってくれません。医者から根本的な原因と対処法は聞いてきましたが、どうも治癒には時間がかかりそうです。
 完治まではあんまり気張り過ぎず、のんびり治していきます。

キセノンP () 編集

Comment

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

Trackback

URL


▲page top